gamesystem

プレイヤーが自由にオープンワールドを駆け巡ることができる『STEEP』。
この世界を楽しむ道しるべは探険、チャレンジ、そして名声の3つだ。

思うがままに
雪山を「探険」せよ

広大なアルプス山脈には、まだ人に発見されていない「ドロップゾーン(エリア)」があちこちに隠されている。双眼鏡で周囲の山々を見回してドロップゾーンを探してみよう。新しく見つけたドロップゾーンには、いつでもマウンテンビュー画面から移動し、そこからライドを始めることができる。
また、未踏の地をライドしていると、「インタレストポイント(興味をひく場所)」を見つけることがある。すべてのインタレストポイントを見つけるには、アルプス中をくまなく探険する必要があるかもしれない。

  • 思うがままに雪山を「探険」せよ1
  • 思うがままに雪山を「探険」せよ2

多彩な「チャレンジ」に挑め

アルプスのさまざまな場所に、困難なコースに挑戦する「チャレンジ」が用意されている。スキー、スノーボードでチェックポイントを潜り抜けていくタイムレースや、トリックのスコアを競うもの、ウィングスーツで危険な滑空に挑むなど、チャレンジの種類は多種多様だ。
また、チャレンジは5つのカテゴリに分かれている。例えば「フリーライダー」ではコース取りのラインや滑りの独創性が評価される一方、「ボーンコレクター」のチャレンジでは、危険なスタントや激しいクラッシュが評価されるのだ。 これらのチャレンジをクリアすることで、XPやギア、ギアを購入するのに必要なSTEEPクレジットを入手することができる。さらに、これらのチャレンジのハイスコアやタイムは記録され、フレンドやグループ、世界中のプレイヤーと競い合うことができるのだ。

チャレンジの実例をCHECK!

  • パラグライダーでチェックポイントをたどる、「プロライダー」カテゴリのチェックポイント・レース・チャレンジ。

    パラグライダーでチェックポイントをたどる、「プロライダー」カテゴリのチェックポイント・レース・チャレンジ。

  • 危険なスタントや激しいクラッシュが評価される「ボーンコレクター」カテゴリのジャンプ・チャレンジ。

    危険なスタントや激しいクラッシュが評価される「ボーンコレクター」カテゴリのジャンプ・チャレンジ。

  • 岩だらけの渓谷すれすれを飛ぶと高得点となる、「エクストリームライダー」カテゴリのオールスコア・チャレンジ。

    岩だらけの渓谷すれすれを飛ぶと高得点となる、「エクストリームライダー」カテゴリのオールスコア・チャレンジ。

  • ジャンプ台から飛んで、華麗にトリックを決めるとスコア獲得。「フリースタイラー」カテゴリのチャレンジ。

    ジャンプ台から飛んで、華麗にトリックを決めるとスコア獲得。「フリースタイラー」カテゴリのチャレンジ。

  • 鉄塔のすき間をウィングスーツで通り抜ける。これぞ「ボーンコレクター」の真骨頂と言える危険なチャレンジ。

    鉄塔のすき間をウィングスーツで通り抜ける。これぞ「ボーンコレクター」の真骨頂と言える危険なチャレンジ。

  • もちろんチャレンジにこだわらず、道なきルートを気ままにライドするのも、『STEEP』の楽しみ方の1つだ。

    もちろんチャレンジにこだわらず、道なきルートを気ままにライドするのも、『STEEP』の楽しみ方の1つだ。

XPを得て「名声」を高めよ

探険を進めてドロップゾーンなどを見つけると、プレイヤーは「エクスプローラー」のXPを得る。また、チャレンジを達成したり、特定の行動を行うことで、対応するカテゴリ(「エクストリームライダー」「フリースタイラー」など)のXPを獲得できる。これらのXPが一定量たまると「名声」のレベルが上がる。名声を高めることで、より困難なエリアに挑戦できるようになったり、各地にある熱気球を利用可能になるなど、『STEEP』の楽しみはさらに広がっていくのだ。

  • XPを得て「名声」を高めよ1
  • XPを得て「名声」を高めよ2